Menu

晴れ舞台プログラム

各プログラムで磨いたテクニックで、いよいよ晴れ舞台にデビューです。 ここにはEcoを競う2つのレースがあります。 単純に速さだけを競うだけでない、環境を意識したHondaならではの知的なレースです。

FIT Ecoチャレンジ

基準ラップタイム内に走行した1ラップあたりの燃費を競います。アクセルの踏みすぎは厳禁。ただし、燃費ばかり気にすると基準タイムのクリアが出来ず記録が残りません。無駄なく速く走る。これがEcoチャレンジの醍醐味です。
もてぎチャンピオンカップレースや鈴鹿クラブマンレースに編入され、サンデーレースを趣味とする人々が集まるため、色々な方との交流が出来る場所でもあります。

  • ■参加対象:FIT ベーシックスクール Basic 3 修了者で、JAF国内Bライセンスホルダー ※過去のモータースポーツ参加履歴によっては各スクールを受講することなく、FIT Ecoチャレンジに参加することが出来ます。詳しくはHonda S&E 事務局までお問合せください。
  • ■定員数:16(内2台はCVT車両となります)
  • ■参加費用
    Honda Carsからのお申込み 71,820円(税込)
    本サイトからのお申込み 88,560円(税込)
    ※申込みは先着順です。定員になり次第、受付終了となります。
  • ■当日所持品、装備、保険については当ページ下段にある詳細および申し込み規定をご覧ください。

FIT 10リッターチャレンジ

使用できるガソリン量が決められた中、8周をいかに速く走りきるかを競うスプリントレースです。燃費に注意しないと8周を走りきることが出来ないガソリン量が設定され、擬似ガス欠によるスロー走行になるシステムが車両に組み込まれています。ペース配分を計算して燃費を抑えるドライバーや、ガス欠の危険を覚悟で速さを優先するドライバーなど戦略は様々。考えながら走る新しいレースです。また、SUPER GTなど国内最高峰レースのサポートレースとして開催されるため、最高のステージであなたの腕を存分に披露できます。

※使用するサーキットやコンディションにより、搭載するガソリン量は異なります。

  • ■参加対象:FIT アドバンススクール修了者で、JAF国内Aライセンスホルダー ※過去のモータースポーツ参加履歴によっては各スクールを受講することなく、FIT 10リッターチャレンジに参加 することが出来ます。詳しくはHonda S&E 事務局までお問合せください。
  • ■定員数:16
  • ■参加費用
    Honda Carsからのお申込み 169,560円(税込)
    本サイトからのお申込み 216,000円(税込)
    ※申込みは先着順です。定員になり次第、受付終了となります。
  • ■当日所持品、装備、保険については当ページ下段にある詳細および申し込み規定をご覧ください。

車両仕様

4点式シートベルト(フルハーネス)を始め、万一の事故などからドライバーを守るためのロールケージを装備しています。

晴れ舞台プログラム FIT Ecoチャレンジ FIT 10リッターチャレンジ
車両仕様 装備内容 ●ロールケージ ●フルバケットシート ●4点式シートベルト ●専用サスペンション
●専用エキゾーストシステム ●エコアシストメーター ●エコインジケーターランプ
使用タイヤ スポーツラジアルタイヤ
使用コース 鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(フルコースまたは西コース) 国際レーシングコース(フルコース)
ツインリンクもてぎ ロードコース(フルコース) ロードコース(フルコース)

■6MT車に加えCVT車もご用意しております。

●エコアシストメーター
※ 1周あたりの燃費とタイムなどを表示できる多機能専用メーター。
●エコインジケーターランプ
※ 車両の前後スクリーンに搭載されたランプ。
残燃料や擬似ガス欠など、様々な車両の状態を表示する。
●ロールケージ ●フルバケットシート ●4点式シートベルト
※ ドライバーを守るだけでなく、スポーツ走行に適したドライビングポジションをとることで、車両の挙動把握に貢献します。

コースガイド

鈴鹿サーキット
詳しくはこちらへ >>

日本のサーキットはここから始まりました。全長が長く立体交差も特徴的。国際公認としてF1レースからツーリングカーまで対応していますが、その攻略はただならぬ奥深さがあります。FIT ベーシックスクール Basic1 / Basic2 は南コースを、Basic3 / FIT アドバンススクールは国際レーシングコースを使用します。

ツインリンクもてぎ
詳しくはこちらへ >>

鈴鹿と共にHondaが作った国際公認サーキット。オーバルコースとロードコースが同居しているので、この名前が付きました。ロードコースの他、北ショートコースやダートトラック、南コース(マルチコース)があります。FIT ベーシックスクール Basic1 / Basic2 は南コースを、Basic3 / FIT アドバンススクールはロードコースを使用します。

必要装備品一覧

必要装備品一覧 ヘルメット※1 レーシングスーツ レーシンググローブ※2 レーシングシューズ バラクラバス 耐火インナー
耐火ソックス
FIT Ecoチャレンジ 必要
オープンフェイス
またはフルフェイス
JIS/SNELL高規格認定品以上
推奨
4輪公認外使用可
必要
4輪公認外使用可
推奨
4輪公認外使用可
または運転に適した靴
任意 任意
FIT 10Lチャレンジ 必要
フルフェイス
JIS/SNELL高規格認定品以上
必要
4輪公認外使用可
推奨
4輪公認外使用可
推奨
  レンタル可 レンタル可 レンタル可      

※1オープンフェイスとは通称ジェットヘルメットと呼ばれるものです。※2 指先まで覆われた物を使用のこと。軍手は不可とします。